ブルーノートにて

 今晩は青山ブルーノートにて秋吉敏子オーケストラ。ルーさん作曲のデザートレディのオーケストラバージョン、意外性もあって本当に素晴らしかった。

そしてどんなにすごい事を演奏していても音色が良くないと意味がないと基本的な事も再確認。恩師、ルーさんのテナーとフルートの音色が身近ではなかなか聴けない素晴らしい音色だった。ご両人のカリスマ性も再確認。

終了後、私が最近新しく購入したパウエルのフルートを試奏していただき、感想を伺いました。ルーさんの感想は秘密、教えません♪ニードマネイです。冗談^^

日本人なのにJazzがとても好きな事に悩む近頃。日本で育った音楽が好きでいたかった。



at 00:00, Yuka Sasaki, 日常

comments(0), -, -

浜松へ行ってきました。その2

突然ですが、このお魚は「魚板」といいます。食堂の前に掛け食事の時間を知らせるために叩いて使用するそう。
しかし疑問がわきました。精進料理のお寺に、魚は変なのではないか?しかも修行中の身なのに派手な食事の呼び出し方法ではないか?修行僧の欲を丸出しにするような魚板にぞっとしました。

家に帰ってさっそく調べ、「魚板」に関する法話を見つけました。修行僧によると「池の鯉に餌を与える時、ぽんぽんと石や板を叩くと魚があちこちから集まってくるでしょう?」とのこと。修行僧を池の鯉にたとえた表現ですね。面白い。そして打ちならされる魚板の音を聴き、少しでも自分に宿している三毒(貪・瞋・癡)を浄化するという意味もあるそうだ。食事の前でさえも煩悩の克服を心がけるなんて、なんと厳しい!



次にこの絵。
龍潭寺の裏庭の前に飾ってありました。誰の画?すごい意味がありそう。どういった事かすごく気になります。碁を打っていたり、食事をしていたり祈っていたり勉強していたり様々な活動をしています・・・働く庶民もちらほらいます。でもこんなに沢山の人がいるのに川の向こうや山には誰もいません。不思議〜。

そして小堀遠州作の庭園。
中央の一番高い石は守護石、左右に仁王石、正面の池のほとりに平たい礼拝石。礼拝石の上に座って祈るそう(座禅だったかな?)。で、池の形が心字の形の池になってます。寺院庭園として代表的な作り。このように基本の形を守った庭は珍しいみたい。。庭は解説をきかないと全く理解できない。でもぼーっとして眺めていると裏の林のざわざわという音、鳥の鳴き声が心地よく聞こえてきます。まさに禅寺、無心になりそうでした。

そして「佛足硯」
なんかこれすごいおしゃれじゃない??足あとの硯。貝で書いた蓋の文字もすごくいい。



龍潭寺、時間がなくてきちんと見れなかったけど、すごいよかった。未だお寺ドリームに浸っています。


at 00:00, Yuka Sasaki, 日常

comments(0), -, -

the man I love

 ジャズのギャグや小ネタが大好きです。

この間までルータバキン氏のツアーが日本であり、東京TUCでArt owl Jazzオーケストラとのライブを聴きにいきました。奥様の秋吉さんの曲をオーケストラで演奏するという事でとても楽しみにしておりました。

終了後、art owl jazz オーケストラとの打ち上げに私まで連れて行ってもらい、ほろ酔いのルーさんにジャズのジョークや小ネタを話してくださいとリクエスト。母方のおじいちゃんが面白い人だったので、つい年配の方を見ると面白い事を伺ってしまう癖が未だにあります。

それでは今回はという事で「The man I love」の発生過程について教えてもらいました。

ジョージガーシュインが友人の誕生日を祝って「Happy Birthday」を演奏していた。演奏している最後のコーラスでなぜか4thが♭になって「The man I love」になってしまったという話を教えてもらいました。(「The man I love」はガーシュイン作曲の有名な曲)

Y「本当ですか?」
L「本当だ」
Y「根拠は?」
L「最初にドミナントの曲は滅多にないだろう」

ほう〜

Y「日本人誰もしらないですよ、多分」
L「ふふふ、そりゃそうだろう」

これ、ほんと?
「まあ、それより今日の僕の葉巻はスゴいんだ、灰が壊れないのは滅多にないから長くなった灰を写してよ」

ということでした(笑)

The Man I loveは⬇で聴けます


at 00:00, Yuka Sasaki, 日常

comments(0), -, -

ワインのラベル

120926_225017.jpg
ホールフーズのワインショップでラベルに惹かれて買ってしまいました。The Bohan Dillon。黄昏れた猫と色合いや手書きの文字が可愛いです。自宅のテラスや公園で好きなように飲んでくださいという雰囲気を醸し出しています。
120925_204618-1.jpg
こちらはfinca nueva crianza。ぶどうの種類はテンプラニーリョ(Tempranillo)。
飲んでみたらcheep&goodワインでした。ラベルも昼下がりに気軽に自由に飲んで楽しんでくださいと表現してるようにみえます。素敵です。
そういえば
「テンプラニーリョの覚え方は、天ぷら+ニャー(猫)だよ」
って数年前友人に教えてもらいました。それ以来テンプラニャ〜という単語は忘れた事がありません。
いつかワインのラベルを描いてみたいな。
誰か私に依頼してください(笑)

at 00:00, Yuka Sasaki, 日常

comments(0), -, -

オパイ タイ

 
家の近所のアムステルダム アヴェニューに「オパイ タイ」というタイ料理のお店ができました。私は特にきにならないのですが、日本語を習いたてのアメリカ人さんにはかなり反応があるようです。オパイってなんでしょう??

オパイタイからだいぶ離れた隣にある寿司屋で夕食を食べました。

お酒は白ワインです。
日本酒はやはり高いのでわざわざ飲みたくありません。

NYはだいたいどこのお店でも二杯目を頼むとグラスになみなみ注いでくれるところがおもしろいなあと思います。




at 01:01, Yuka Sasaki, 日常

comments(0), -, -