<< Mr.Frank Wessとの思い出4(日付は前後します) | main | Mr.Frank Wessとの思い出6(日付は前後します) >>

Mr.Frank Wessとの思い出5(日付は前後します)

(Frank Wess レッスン日記 4月28日2009年)より


[左からサラさん、中央Frank Wess先生, 後ろ中央Jimmy Owens先生、右佐々木優花]

卒業コンサート終了後のFrank先生の「キメの顔」 さすが。フランク。 

で、今日フランクはレッスンの間ずうっとこの「キメ顔」だった。 
外は暑かったからかな?はて。 

フランンクが「優花、この間の卒業コンサートでやったブルースが全然できてなかったよ(笑)」
となぜか、くすくす笑っていた。でもピアノもベースもギターもドラムもとてもよかったよって。
(ニュースクールの卒業コンサートにフランクが来てくれました)


(でも私は知っている。frankが孫の演奏を聴くかのように目を閉じて超嬉しそうに聞いていらっしゃられたとの情報を。。)

で、ブルースのフレーズを沢山伝授してもらう。 
彼のやり方は実際曲を長く吹いていき「これ」って言うところでピタッと止めて「これこれ、つかえるよ」って感じで教えてくれる。 
frankのフレーズは本当にかっこよくスウィングしていて一瞬聴きほれてしまう。私が聴きほれている姿をニヤリとちら見しながらの余裕のフランクである。 

気が弱いから「つぎ間違がっちゃったら、もう教えてくれないんじゃないか」、とか「frankが教え疲れちゃうよ〜」とか 
そういう邪念と戦いつつフレーズのマネに集中してもやはり何度も間違えてしまう。 

でもかなりムキニなってマネしている様子に途中で「ぷぷぷぷっ」と笑われてしまう。 
そんな事を繰り返し、
frankも「むむっ・・お前、まだできぬのか?イライラ・・」
となってきたころ、frankを遮ってわざとあと3回くらいしつこく繰り返すようにしている。(ひそかなやる気のアピール) 


でもできるようになると 
「イエーイ」ととても嬉しそうにしてくれるfrank。 

これから初心に戻りbluseだけに集中してみようかな。。。 

(Frank Wess レッスン日記 4月28日2009年)

at 00:05, Yuka Sasaki, Frank Wess

comments(0), -, -

comment