<< 佐々木優花3rdAlbum「Ghost in Saint-Quentin」リリース記念@リベルタ・テラッツア (5/8/2016) | main | 佐々木優花 meets 木住野佳子トリオツアーの詳細 >>

佐々木優花3rdAlbum「Ghost in Saint-Quentin」リリース記念@おもろまちカノン(5/9/2016)


さてツアー2日目那覇滞在の午前中はルーさん、井上さんと市場をお散歩。楽しかったです。


ルーさんって、うすうす感じていたけれど、かわいい系?特に動物が楽器を演奏している置物が好きなんだと思う。市場のとある店のかさりでシーサーが笛をふいている置物を偶然見つけてそれをルーさんが欲しくなったみたいで3人でずーっと笛吹きシーサーを探していたという・・(笑)。たどり着いた最後の店で聞いてみたら、さすがに笛をふいているシーサーは特注でないとないそう。でも注文したらテナーのシーサーもできる見たい。

という感じで午前中はルーさん、井上さんに遊んでもらい、国際通りにて皆でコーヒタイム。その後解散となり、午後から私は琉球新報と沖縄タイムズ社の取材へ行きました。








さてこの日のリハーサル風景

ツアーも第二弾目、意外と和気あいあい。






さて夜からは本番です。那覇おもろまちカノンにて演奏でした。


目の前は光る公園!?


今日から渋谷毅氏も参加してくださいます。

渋谷さんとの演奏はほんとうに毎回不思議です。
渋谷さんのピアノを聞いているうちに、自分が最近一番美しいと思った風景や雰囲気が演奏中頭と心でもう一度流れるんです。例えば、数日前に星が美しいと思って感動していたらその様子が思い浮かぶし、海が美しいと思ったらその場面を思い出してしまいます。もしかしたらそういう事が渋谷さんの音楽を理解する私の唯一のきっかけとなっているだけなのかも知れないかと思う。でもだからこそ常日頃「美」を感じるというのが私の音楽の練習のうちの一つなのかなと。美しいと思う出来事には映像だけではなく常に音楽の存在があります。自分が何かを美しいと思う事が一番大事で多分それが渋谷さんの音楽に近づける第一歩なのではなかと・・。ごちゃごちゃいっていますが、渋谷さんが参加したバージョンは心の中が充実しています。私がJazzに憧れて勉強し始めた理由はこれだったんだと改めて思い出させてくれます。






左から:渋谷毅(P)、佐々木優花(fl)、ルー・タバキン(fl)、金子健(b)、井上智(g)、奥平真吾(ds)




左から:渋谷毅(P)、佐々木優花(fl)、ルー・タバキン(fl)、金子健(b)、井上智(g)、奥平真吾(ds)

ルーさんとはスタンダードよりも多く、ルーさんのオリジナルや、秋吉敏子さんのオリジナル、私のオリジナルを演奏しました。


ブレイクタイム。偶然を装って渋谷さんの近くに行く私(笑)。なに話したかな〜忘れちゃった!



これも休憩中。沖縄の風土が「飲んでもいいよ〜っ」て言いました。周囲がおいおい、って顔してるような気がします・・。








ルー・タバキンさんとのツインフルートの演奏も素晴しいひとときです。一緒の舞台に立つからにはせめて音色は最高にいい音を出すように命をかけて望んでしまいます。この時いい音がでていたら間違って死んでもいいかなとかおもっています・・。大げさではないですよ(笑)


那覇の二日間は満員御礼。皆様、お世話になりました、ありがとうございました!


左上から:金子健(b)、井上智(g)、奥平真吾(ds)、ルー・タバキン(fl)、佐々木優花(fl)、渋谷毅(p)

そして打ち上げでお疲れさま。

はあ〜やっと遠慮なくのめます。






皆様、素敵なひとときをありがとうございました。


明日は福岡です!

・・・つづく

at 00:00, Yuka Sasaki, ライブの記録

comments(0), -, -

comment