<< 5月後半&6月のライブ&ラジオのスケジュール | main | 佐々木優花3rdAlbum「Ghost in Saint-Quentin」リリース記念@おもろまちカノン(5/9/2016) >>

佐々木優花3rdAlbum「Ghost in Saint-Quentin」リリース記念@リベルタ・テラッツア (5/8/2016)

佐々木優花3rd Album「Ghost in Saint-Quentin」ツアーの記録です。今回は昨年のツアー第一弾に引き続き2回目。
沖縄2日間と福岡、大分東京と訪れました。

まずは沖縄一日目、那覇リベルタテラッツアの様子から!

この日(5/8)のメンバーは
スペシャルゲストにルー・タバキン(fl)
井上智(g)
金子健(b)
奥平真吾(ds)
そしてわたし、佐々木優花(fl)


羽田から飛行機で向かいました。

井上さんは羽田から荷物で運ばれてきたギターをチェックしています。毎回のことだけど、壊れてるんじゃないかとはらはらしながら横目でみております。


この日の那覇は30度。暑かった!
演奏というものは、いざとなると「あれもしなきゃいけなかったのに」、「これもまだできていてないのに」、「ルーさんに言われた事もまだ出来てない・・ああどうしよう・・と」、ツアーの数日前から胃が痛くなって穴があきそうな気持ちになる事もかなり多いのですが、飛行機をおりて沖縄の湿度、気温、風、を感じた途端にできるだけこのメンバーでの演奏を楽しもう。という180度違う気分になれました。面白いくらいにころっと考えが変わりました。


到着後、スタッフ、メンバーとランチ。この日は「母の日」と言う事でレストランが何処も数十分待ちでした。
皆さん、母の日は何をしましたか?


リハーサル。思ったより演奏しやすい場所で安心しました。天井が高いからかフルートがよく響きました。


私のライブはオリジナルが多いので人数分の譜面の用意が実は一番簡単なようでいざとなったら大変なんですが、このメンバーは毎回一度演奏した譜面は数年前のものでもファイルするか記憶で持ち歩いてくださるので密かに感動や安心感を覚えております。こういう繊細な気遣いから信頼関係が生まれるというか・・。ああ、またお願いしてもいいんだなと思えるというか・・私はバンマスのライブが多いのですが、こういう先輩方の暖かい行動はホント勉強になります。そんな共演者に安心も与えられるようなミュージシャンになりたいものだ・・・とは思っても、すごい方というものは人にどう思われようなんて思って行動なんかしないはずだ。人にこう思われたいからこのように行動するなんて非常にナンセンス。しかし小者の私はせめてこの素晴しさをいつも自分の心に留めておきたいと思います。


琉球大学の先生から大きなお花をいただきました。ありがとうございました!


おもろまち、リベルタ・テラッツア
お食事もすごくおいしいイタリアンレストラン!


いよいよ本番スタート。

左から奥平真吾(ds)、佐々木優花(fl)、金子健(b、ルー・タバキン(fl)、井上智(g)


ステージの途中でルーさんのショウもありました。客席の奥の方で聞いていたけれど、こういうライブを小さめの会場で聞けるのはほんとに贅沢な時間でした。NYにいる気分になりました。ツアーもまだ初日。どんなかんじだったかはまた後で(^^)


佐々木優花(fl)、奥平真吾(ds)


佐々木優花(l)、ルータバキン(fl)




ブレイクタイム。ちょっと話し合い。


レコ発ツアーも大きいものは同じメンバーでは第二弾だからか、なんだか初日にもかかわらずすごくサウンドするようになってきた気がします。ツアーを重ねたあとにレコーディングすべきだなと改めて思いました。とはいってもなかなかそうはスケジュールが上手くは行かないのですが・・。


演奏後のお疲れさま。ルーさん好みの美味しいワインがあり、喜んでくださって安心しました。よかったです。


ルーさん、井上さん、金子さん、奥平さん、初日お疲れさまでした。


天久社長今回も大変お世話になり、ありがとうございました。


明日はいよいよ渋谷毅さんが来てくださいます!楽しみすぎます。




あ、ねこ。


にゃんですか?

・・・つづく

(写真:小山田邦哉)

 

at 00:00, Yuka Sasaki, ライブの記録

comments(0), -, -

comment