<< 佐々木優花3rdAlbumリリースツアー1日目。奥州市Zホール編(9/28/2015) | main | 佐々木優花3rdAlbumリリースツアー3日目。十和田市民文化センター編(9/30/2015) >>

佐々木優花3rdAlbumリリースツアー2日目。八戸はっち編(9/29/2015)

9/29@八戸はっちにて「Ghost in Saint Quentin」発売記念ツアー2日目。


八戸はっち


満員御礼、沢山のお客様にお越し頂きましてありがとうございました。八戸の皆様お世話になりありがとうございました。

8ac4ae7e9b65d51d6ebd1206057419958c3fdcca.jpg
左から:渋谷毅(p), 佐々木優花(fl), 井上智(g), ルー・タバキン(fl), 金子健(b), マーク・テイラー(ds)

ここの会場は音の響きやなんかがとても演奏しやすかった事を覚えています。ルーさんが念入りにサウンドチェックしてくださり音のバランスを慎重に見てくださったのも大きいと思います。フルートサウンド主体の場合はリズム隊に特に念入りに音量に配慮してもらわないと行けません。フルートはトランペットやサックスとは全く違う楽器です。同じ様にはいきません。私もサウンドチェックでルーさんが何を確認しているかよくわかり勉強になりました。「ドラムとベースの音量は同じでなければいけない」と常におっしゃっていました。ギターもピアノも音が大きすぎてはバランスがくずれるし全体として美しくないのででいけません。私もルーさんと同じように何度もステージと客席を往復して確認しわかってきました!。

eff70812d38e0b56c17c4cfaf9b254b892f33c93.jpg
左から:渋谷毅(p), 井上智(g), ルー・タバキン(fl), 金子健(b), マーク・テイラー(ds)

a5517f2fceb3daf2a0dcce8328e6e2ef2f8fbc28.jpg
佐々木優花(fl) ,ルータバキン(fl)

私は何してるの??

ef9245131aeb8bc84139fe72181e607a12754076.jpg
ジャズを演奏したいと思うきっかけとなった渋谷毅さん。渋谷さんの音楽を聴いて私も演奏する側になりたいと思った。私が演奏をしない音楽ファンでジャズクラブに渋谷さんの音楽を聴きに行っていた頃、演奏を聴いたあとの心の充実が忘れられなかった事を思い出します。演奏したらもっともっと何かが手に入るのではないかとでも思ったのかな?。私は欲が深いのかもしれない。
実は今回の3rdアルバムのレコーディングも含めて2013年発売の2nd「A Flower on the Lake」から2枚もお世話になっている。でも出会いはだいぶその前の盛岡で、S氏の紹介により恐るべき事に今よりさらに何も出来ない時代にシットインさせていただいた事も何度かあった。最初はこんなすごい方の前では上手に演奏しなくてはいけないとガチガチで沢山汗をかきました。上手く演奏しようと思っても出来る訳ないんだから、結局全然演奏できなかった記憶がある。でも最近、渋谷さんのピアノの音がそばにあると、「別に上手く弾かなくてよいです。思うように、やりたいようにやればそれでいい・・」「何やっても大丈夫です・・」と、大きな何かに包まれていることにようやく気がついて安心!?してしまう事もある。いけないことかもしれないが、悪い事ではないような気がする・・。いや、わからなくなってきました。なんだかよくわからないけど謝っておいた方がいいような気がしてきました。ごめんなさい。母の懐に抱かれた赤ちゃんの私、という表現があっているような気がします。

6ce5b1d1cb74772c546b33b6091c03794aa38332.jpg
マーク・テイラー氏。共演させていただき、やっと恐ろしく上手すぎる事に気がついた。音量のコントロールが超人。きっとガラス製のドラムセットでも叩くのではないだろうか・・。これでは30年以上ルーさんの右腕であるわけです。私の誰も気がつかないような音も聴いてくださっているのにまずびっくり、そして優しく反応してくださります。ああ、私、嫌われてないんだ・・と思いました(笑)。

513dd95dd7cfb8b625f50801ad5231bfe8f1b1d4.jpg
恩師の井上智氏。私には実は恩師は沢山いる。でもニューヨーク時代から日本まで一番お世話になっております。ニュースクール大学の中だけではなく外で演奏できるように私のお尻を叩いてくださった貴重な人物です。たぶん井上さんには音楽的にも人間的にも化けの皮をずいぶん昔にはがしていただいているのでやはり安心して演奏できます。ありがとうございます。

98da1c80acd910bddb4111f646cfcd9299d14a97.jpg
ベースの金子健さん。演奏も見た目もかっこいい。素敵なエピソードもこれから続々飛び出します^^

3d940e58720565d0e0a612df5556f6768b9bf1dc.jpg
Lew Tabackin(ルー・タバキン氏)
この2日目くらいから私は恩師ルータバキン氏の面白さにようやく気がついてきた。面白さといったら恩師に向かって失礼かもしれないけど、タバキン氏の言動は稀にみる面白さ。移動中も演奏中もご飯も一緒だと恩師の違う魅力が見えてきます。こんな人間どこにもいない、皆に大切にされるべき方である、とさらに尊敬してきました。まだまだツアーはあるのでゆっくりとお話して行きたいと思います。

f5721e16c7ae558463c9461bde7c3d0967a967dc.jpg
ルーさんとのハーモニーは気持ちがいい。音楽に対する真摯な思いが伝わってきて背筋がのびます。

5e117708382f642cd3a127413f0589910d08835b.jpg


さてツアーの合間をぬって
David Matthews氏のBe FM "David Matthews on air gig"という番組に恩師ルー・タバキン氏とゲスト出演させていただきました。
f82ae9b79e2807828f6d47da80cb96f98edf674b.jpg
みちこさん、マシューズさん、タバキンさん、わたし。

1fac8922a2ba0a232c5ffd6fbbf31317843c11a3.jpg
David Matthews, Lew Tabackin, 佐々木優花

レジェントの音楽へのオマージュともいえるキラキラと夢のような言葉が飛び交う素敵なひととき。レジェント御二人はやはり何かが違います。私には音楽は不思議で謎なもの。でも美しい事だけは確かだとはわかります。ニューヨーク時代を思い出しました。みちこさん、マシューズさんありがとうございました!お会いできて嬉しかったです。

さて明日は十和田市民文化センターで演奏。

あ、その前に

八食センターのルーさん。お魚の名前は超詳しいです。鮮魚を前に鮨ねたや鮨のマナーを私に教えてくださいました。


八食センターにてせんべい汁を初めてたべるらしい金子さん、渋谷さん。

この日の打ち上げ兼夕食

iphone6 談義をする井上さんと渋谷さん。

ルーさん、私そしてなぜか父。父はこの2日間ライブにきてくれた。ルーさんと会話しているうちに英語がどんどん上達していくので、むむ・・どこかで英語の勉強してたな?と思いました(笑)。


こんなに詳しく報告しちゃってそうとう私も嬉しかったんだろうなと思います。
まだまだ毎回ツアー日記を書きます。


つづく・・・

at 00:00, Yuka Sasaki, ライブの記録

comments(0), -, -

comment