<< Mr.Frank Wessとの思い出5(日付は前後します) | main | Mr.Frank Wessとの思い出7(日付は前後します) >>

Mr.Frank Wessとの思い出6(日付は前後します)

(Frank Wessレッスン日記 4月23日2009年)より

卒業リサイタル後のJimmy Owensさんの合奏クラス 
今日は私に厳しかった! 

「優花のリサイタルはとてもよかった。でももっとfireが必要。frank wessはfireがすごい。できない技術もなにもない。yukaはテクニックがないからfrankのようなfireを表現できないんだと思う。もっと練習しなさい!」 

とガツンと言われた。 

jimmyさんのおっしゃる通り、soloでは↑に行きたくても、あ、間違えちゃうって↓に行きました。 

緊張していないように見えても実は結構緊張していた。なぜなら目の前にあるアンプから聞こえる音が普段のような力加減で吹いても自分の満足するアコースティックな音とかなり違って聴こえたから少し動揺していた。 

で、授業中も一人だけ見せしめのようにみんなの前でスケールの特訓をさせられる。要領のよい練習の仕方も教えてもらう。 
いい練習になった。 

最後の「music therapyクラス」はもう疲れちゃってお腹すいて力尽きて大学の隣のメキシカンでタコスとマルガリータをひっかけてからそうとう遅れて出席。授業中半分寝る。たまには不良しないと。 

あはっ。 

(Frank Wessレッスン日記 4月23日2009年)



 

at 00:06, Yuka Sasaki, Frank Wess

comments(0), -, -

comment